川崎市麻生区の内科/きむら内科クリニック

きむら内科クリニック
お問い合せはこちら TEL:044-981-6617info@kimura-naika-clinic.jp
〒213-0023 神奈川県川崎市麻生区片平5-24-15
診療時間:月・火・木・金9:00~12:00 14:00~18:00
土9:00~12:00
医師紹介
循環器内科外来
呼吸器内科外来
糖尿病外来
睡眠時無呼吸外来
禁煙外来
水素療法
相談外来
コラム
健康長寿について
当院の医療理念につきまして
当院は、開院以来「かかりつけ医」ならではの、丁寧で、きめ細やかな医療をモットーとし、来院される患者様の、身体(からだ)と心の両面がハッピーになれるクリニックを目指しています。
まず、身体面の診療では、常に最先端の医学的な知見を導入して診断を行い、最適な治療を提供するよう努力しています。そのため、自院完結にこだわることなく、他の医療機関とも連携を図ってまいります。そして、生活習慣病等の効果的な予防・改善のために、患者様の実生活に則した、テイラー・メイドの生活指導を意識し、癌、心臓病や脳卒中などの重症疾患の一次予防や早期発見にも努めています。
当院が常々心がけているのは、患者様とのコミュニケーションを何より大切にする、質の高い医療を提供することです。お一人おひとりの生活背景や、精神状態にも配慮して、肉体的苦痛のケアだけでなく、病気にまつわる不安を解消し、安心と希望をもっていただけるよう、心のケアにまで配慮しています。
さらに、当院は、医療を通じて、すべての人がハッピーで、充実した人生を送っていただくためのサポートを行います。
―― 病気をきっかけにして、人生が好転する “気づき” を得ていただき、齢をとっても、周りの人のお役に立ち、生涯現役で、イキイキと生活できる。――
そのお手伝いができれば、これに勝る幸せはありません。
当院では、医師、看護師はもちろん、スタッフ全員が、患者様お一人おひとりに、心からの関心を寄せ、ご自身の素晴らしさを再発見していただけるよう、心がけております。
あなたの人生が、より輝きに満ちたものとなりますよう、スタッフ一同、一期一会の思いでお待ちしております。
診療に対する当院のコンセプト
先天的な病気や遺伝性疾患、一部の感染症や外傷などを除けば、現代病のほとんどは、心因的なものに起因していると言っても過言ではありません。原因がはっきりしていない疾患に関しても、深く追求すれば、家庭内や近所付き合い、職場や学校内で生じている様々な人間関係や、過労などのストレス、性格に起因する不摂生などが病気の原因になっていることが非常に多いと断言できます。つまり、各人の心の世界で起きている「事件」が現象化して病気が発生することが極めて多いのです。例えば、生活習慣病にしても、根本的な原因は、 “分かっちゃいるけど…” “面倒だから後回し…” など、その方の心の傾向性に起因していることが多いのです。
ところが、これらの心の中にある原因と、その結果である身体の不調を切り離して診療を行うと、的確な診断や治療方針を誤り、無意味な投薬を行い、挙句、なかなか症状が好転しない事例も多く見かけます。個人に影響を及ぼした「事件」に対しての、捉え方や心の持ち方、考え方を変えるだけで、余計な投薬を行わずとも、症状が好転するケースは沢山あります。これを見抜き、的確な助言を行うには、人間としての経験量と智慧、そして何より相手に限りない関心を向け、心から幸福になって頂きたいと願う強い気持ちが不可欠です。
もちろん、明らかに身体的な疾患が存在している場合は、それを見逃すわけにはいきません。余りにも、「病は気から」を前面に押し出すと、大事な兆候を見落として、“誤診”につながるからです。身体面における医学的、科学的なアプローチにおいては、豊富な臨床経験に裏打ちされた眼力が必要不可欠です。
以上より、当院では、未来に向けての診療は、身体と心をバランスよく両面から診療する“センス”が必要だと考えています。患者様にむやみに“病名”を付けて、病院に縛り付けるのではなく、心身両面からの的確なアプローチで、どうすれば病院から卒業して頂けるかを常に考えながら診療を行っています。
他の人や社会への貢献をサポートすることが、医療者の使命と考えているからです。
更に、超高齢化社会を元気で爽やかに生き抜いていくためには、モチベーションが必要です。中高年期からのどの人も必ず、その人固有の“ミッション”を担っておられると信じます。“ミッション”とは、その大小に関わらず、周囲の人や、世の中に対しての善なる貢献を意味します。
病気や身体の不調をきっかけに、人生における“ミッション”を見つけ出し、達成に向けて行動を開始し、幸福な人生を送って頂きたいと願っているからこそ、心を込めて診療をさせて頂きたいと考えています。
医師紹介
【医学博士・院長】木村 謙介
【医学博士・院長】木村 謙介
【医学博士・院長】木村 謙介
ご挨拶
私は、北海道大学医学部を卒業後、約20年間、慶應義塾大学病院およびその関連病院に勤務しておりました。 大学では循環器内科を専門とし、外来医長、病棟責任者として診療、研究、教育に従事しておりました。大学病院で、既に病気が完成した多くの患者様を拝診するうちに、もっと手前の段階で、大きな病気に進行しないように防ぐことこそが、最先端のレベルの診療を経験した自分の次なる使命ではないかと考えるようになりました。大きな病気になってからそれを治療するより、大きな病気になる前にその芽を摘み取る方が医療のレベルは高いはずです。
私は、この地域にお住まいの方々の心と体の健康を守るために全力で診療を行っております。
どうぞ宜しくお願い致します。
略歴
  • 平成 5年
  • 北海道大学医学部卒業
  • 平成 5年
  • 慶應義塾大学医学部内科研修医
  • 平成 9年
  • 慶應義塾大学医学部呼吸循環器内科入局
  • 平成13年
  • 済生会宇都宮病院循環器内科副医長
  • 平成17年
  • 慶應義塾大学医学部特別研究助教
  • 平成20年
  • 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部留学
  • 平成22年
  • 慶應義塾大学医学部循環器内科助教
  • 平成23年
  • 慶應義塾大学医学部循環器内科専任講師
  • 平成24年10月
  • 慶応義塾大学医学部循環器内科非常勤講師
  • 平成24年11月
  • きむら内科クリニック院長
資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心臓病学会FJCC(特別正会員)
  • 日本糖尿病学会会員
  • 日本抗加齢学会専門医
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本循環器学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本抗加齢学会
  • 日本心不全学会
専門分野
  • 内科
  • 生活習慣病
    (糖尿病、脂質異常症、動脈硬化、メタボリック症候群)
  • 循環器内科
    (高血圧、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心不全、不整脈、自律神経異常)
著書
入院こそチャンス!人生は病棟で好転する(著者:木村 謙介 出版社:文芸社)
  • 入院こそチャンス!人生は病棟で好転する
    著者:木村 謙介 出版社:文芸社
いささかショッキングな題名だと思います。この本は、私が慶応義塾大学病院で病棟医をやっているときに患者様から学んだことをまとめたものです。人間にとって、生老病死の苦しみは避けがたいものです。特に思いがけない病気に倒れ、恐怖と不安を抱いて入院された患者様を多く診るにつけ、これを人生の気付きのときと位置づけて、そこから力強く立ち直って頂きたいと願い、この本を執筆致しました。この本を読んで頂ければ、私が何を考えて患者様と向き合っているかを知って頂けると思います。
  • 2016年9月7日(水)の産経新聞に本書が紹介されました!
「幸福な未来を育てる絶好の機会を入院で!体の拘束の代わりに、「心の自由」を得て、己を顧みる機会を生かすことで、人生は好転する!本書には「<安静>の本当の意味」「検査は頼もしい味方」「病気が教えてくれるもの」ほか、考え方のポイントやヒントなどが凝縮されている。病気を知り、人生を見つめる時間を手にできる入院時に読んでいただきたい一冊。」
【医学博士・非常勤医師】大野 洋平(診察日:毎週月曜日午後)
【医学博士・非常勤医師】大野 洋平(診察日:毎週月曜日午後)
【医学博士・非常勤医師】大野 洋平(診察日:毎週月曜日午後)
ご挨拶
平成27年4月より、きむら内科クリニックにて非常勤医師として勤務させて頂くことになりました。医学部卒業後、多くの素晴らしい指導医、同僚、後輩に恵まれてきましたが、自分に最も大きな影響を与えて下さったのが木村謙介先生です。再び、同じ職場で仕事が出来ることを名誉なことと思います。私は、慶応義塾大学病院において心臓カテーテル治療の基礎を学んだあと、平成25年3月よりイタリアのカターニャ(シチリア州)にカテーテルによる弁膜症治療の技術を習得するため、2年間留学しておりました。実際に術者として世界最先端の弁膜症治療に携わり、数多くの患者様に対して治療を施し、良好な成果をあげることが出来ました。弁膜症以外にも、生体吸収ステントを用いた、冠動脈疾患患者に対するカテーテル治療も行いました。クリニックでは、弁膜症や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)以外にも、循環器疾患(高血圧、脂質異常症、糖尿病、不整脈、心不全など)、内科系疾患など幅広く診療させて頂く予定です。
シチリア人の生活はいたってシンプルです。「家族みんなで美味しくご飯を食べること」。
そこにはいつも笑顔が溢れており、人の「心」がありました。診療を通して、少しでもこのような雰囲気をクリニックに提供できればこの上ない喜びであります。どうぞ宜しくお願い致します。
略歴
  • 平成14年
  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 平成14年
  • 慶應義塾大学医学部内科研修医
  • 平成16年
  • 済生会宇都宮病院内科専修医
  • 平成17年
  • 日野市立病院内科専修医
  • 平成18年
  • 慶應義塾大学医学部循環器内科助教、病棟チーフ
  • 平成24年
  • 東海大学医学部内科学系循環器内科助教
  • 平成25年
  • イタリアカターニャ大学フェッラロット病院留学
  • 平成27年
  • 東海大学医学部内科学系循環器内科助教
  • 平成27年4月
  • きむら内科クリニック非常勤医師
  • 平成28年4月
  • 東海大学医学部内科学系循環器内科講師
資格
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本糖尿病学会会員
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
専門分野
  • 内科
  • 循環器内科
    (冠動脈疾患、弁膜症、カテーテル治療)
関係先リンク
【非常勤医師】三山 寛司
【非常勤医師】三山 寛司
【非常勤医師】三山 寛司
ご挨拶
はじめまして。2018年度よりきむら内科クリニックで非常勤医師として勤務させていただきます三山寛司と申します。循環器内科医として現在大学病院に在籍し、一般循環器疾患から特殊疾患まで幅広く診療に携わらせていただいております。循環器領域の中では不整脈を専門としておりますが循環器全般、また循環器に限らず一般内科医としてこれまで診療に従事してきた経験を活かし、少しでもみなさまのお役に立てるよう尽力させていただきたく思います。是非お気軽に声をかけて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
略歴
  • 平成25年
  • 慶応義塾大学医学部 卒業
  • 平成25年
  • 武蔵野赤十字病院 研修医
  • 平成27年
  • 横浜市立市民病院 循環器内科
  • 平成29年
  • 慶応義塾大学病院 循環器内科助教
  • 平成30年
  • きむら内科クリニック非常勤医師
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会
専門分野
  • 内科
  • 循環器内科
PAGE TOP
【TEL】044-981-6617 【診療時間】月火木金9:00~12:00 14:00~18:00 土9:00~12:00 【休診日】水曜・日曜・祝日
  • きむら内科クリニック
  • 〒213-0023
    神奈川県川崎市麻生区片平5-24-15
  • ●小田急線 「五月台」駅より徒歩3分
    ●駐車場あり(5台)(NO1.2.3.5.6)
  • 【TEL】
    044-981-6617
  • 【診療時間】
    月火木金9:00~12:00 14:00~18:00
    土9:00~12:00
  • 【休診日】
    水曜・日曜・祝日
Copyright (C) きむら内科クリニック. All Right Reserved.